FC2ブログ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリカのエリ女予想?

Category : 競馬予想(G1)
昨年は大波乱のこのレース。
圧倒的人気のブエナビスタが大逃げの1、2着馬を捕らえられず3連単150万馬券
これを演出したのはリトルアマポーラ騎乗のスミヨン
そもそもこのレースは「女心と秋の空」というくらい変わりやすい牝馬限定。
しかも、外国馬参戦で能力比較が難しいです。
更に、人間で言えば女子高生とアラサーとアラフォーが混じってレースをしますので年齢幅も相当あります。

最初に開き直りますが、そりゃ分かるはずがありません(汗)
調べてみれば、このエリ女、10年以上連続参戦していますが未だ未勝利
小生の最も苦手としているレースなのです。
まともに予想しては当たらないので、今年は少し不真面目な要素も取り入れて予想してみたいと思います。


エリ女


唐突ですが、その振舞いから「女王様」と一部メディアが呼称している沢尻エリカ
小生、実は結構好きなタイプですが、何かと批判も多いです。

今回の予想と何の関係があるの?

って言われそうですが、実はそれなりにあるんです。
「女王様」と言われる以外に、実は父親はエドノコバン他、16頭の競走馬を所有していた馬主でした。
彼女自身も父親の影響もあり、小さいころから馬に親しみ、乗馬が得意であるそうです。
更に調べてみますと、父親は日本人ですが、母親はフランス人。
ここで小生はピンときました。牝馬限定だから母親に注目

フランス人っているか?

探してみますと一人だけいました。
しかも07年と08年に連対している騎手です。そうあの○○マジックと言われる、、、


ルメールさんです


2000m以上の距離で連対実績なく、休み明けだから、普通に予想すれば買わない馬なんですが、、、

注としてヒカルアラマンサスを冒頭に挙げておきます。





さて、ここからが従来のまともな予想です。

このレース、古馬で勝った馬はすべて、前走で牡馬混合重賞を走っていたG1連対馬です。
アマポーラはG1連対馬ですが、ここ2走は牝限。しかも掲示板にも載っていません。
ベルーガは前走牡馬重賞で勝っていますがG1連対実績はゼロ。これで本命には推せなくなりました。
アラマンサスだって同様の傾向ですが、記述の通りルメールで買います。

実は、この条件に当てはまるのは、テイエムプリキュアですが、
そもそも昨年のこのレース前に「ラストランになるかも」と言われていた馬。
ここ最近の二桁着順はその証拠で、これでは買えませんね。
従いまして、3歳勢から本命馬を探しました。

これまでエリ女を制した3歳馬を見てみますと、ほぼローズS秋華賞をともに連対しています。
3冠馬アパパネに人気が集中していますが、この条件では当てはまらない馬になります。
そう、残った馬が小生の◎です。

以前のブログに書きましたが、この馬は2歳の時から目を付けていた馬なのですが、
ここ2戦は馬券対象から外していました。
遠征が苦手ということと若手調教師で敬遠したからですが、栗東滞在が板についてきましたし、
何より、秋華賞の上がり最速馬がエリ女で連対する確率が高いというデータがあるからです。
初体験の舞台ですが、京都外回り2200mはピッタリと条件があうはずです。
今回、封印を解いて本命に抜擢します。アニメイトバイオです。


対抗は既出のメイショウベルーガです。
最初は本命に推そうとした馬です。それほど力は買っています。
G1連対実績がないというのが対抗にした一番の理由なのですが、
これも以前のブログに書きましたが、2000m以上のクラシックディスタンスで現役最強と
考えていますオウケンブルースリに勝った力は、相手が完調前とはいえ相当なものです。
それに連対していないとはいえ、一線級の男馬とさほど差のない競馬をしてきていますし、
何より、騎乗の池添は実は隠れた京都外回り巧者なのです。


3番手以下は外人騎手から選ぼうと考えました。
昨年のスミヨン。大波乱を演出した張本人ですが、それも卓越した技術と色気をもって騎乗した結果です。
彼らは遊びで日本に来ているわけではありません。稼ぎに来ているのです。
それも一流の腕と実績で。馬はともかく彼らのモチベーションは侮れません。

が、スノーもアーヴェイもよくわかりません
ただ、昨年のエリ女4着の外国参戦馬と比較すると、何となくですが劣るような気がしています。
結局、今年の外国馬2頭は消しという結論になりました。

だとすれば、サンテミリオンはどうでしょう?
前走ではゲートにぶつけて口がキレ、ハミを取らなかったと言われています。
とはいえ、前走のレース前の調教を見てみますと、そもそも調子が戻っていない動きをしていました。
今回の調教も上昇傾向とはいえ、この短期間で完調できたとは考えにくく消しちゃいます。

そうするとアパパネしか残っていないのです。
4冠馬ということでオッズはその分のっているでしょうし、買いたくはないのですが
正直、未だにこの馬に、過去のクラシック3冠馬ほどのビビビっというのがないんです。
本質はマイラー、目イチの仕上げの秋華賞、直線の長いコースでの疑問、初めての古馬との対戦など、、、
冷静に考えて見ますとオッズほど抜けた存在ではないような気がしています。
抜けた力で距離適性があったらジャパンCに行くでしょうし、マイルCSだって選択肢にはあったはず。
それを消耗が激しかった秋華賞から中3週でエリ女ですから、、、
陣営も絶対的に能力が突出しているとは考えていないのでしょう。
これまで勝つには勝ちましたが、着差を見ればズバ抜けた存在ではないと言えるのではないでしょうか。
勝負強さは認めますが、ちょっとしたことで逆転も簡単にあり得るはずです。




(C)ブログパーツ提供:競馬予想D/開発:競馬インジケータ指数


エリカ様~来てくれたらオイシィ~けど
馬券的にはルメールマジックに期待しています♪
スポンサーサイト

Comment

こんちわ

アパパネは疲れがたまってみえましたね・・・

大丈夫か?

と思っています


ルメもデモも怖いといえば怖いな~

アパパネですね

>鎌田原さん

いずれにしても今年のエリ女はアパパネがポイントですねぇ~
結構いろんなところでアパパネ不安説がありますが、それでも1番人気ですから、
念のため、おさえておく人が無茶苦茶多いのでしょう。
今回は鎌田原さんとほぼ同じ予想です。
当たるといいですね♪

アニメイトバイオ15着?

なんじゃこりゃ~が2つありました。
ひとつは勝ったスノーフェアリー。
よくわからんという理由で消しましたが、流石ですね。
世界を舞台に活躍するお馬さんです。全然、脚が違いました。
この時点で、小生の完敗です。

もうひとつは、アニメイトバイオの撃沈。
こんな大敗するのはおかしいと思いますが、怪我でもしたのでしょうか。
買わなかったら連対し、いよいよ買ったら大敗。
追いかけている馬ですが、小生との相性は最悪のようです(泣)

また、来週がんばりましょう♪
非公開コメント

プロフィール

ひろみ2号

Author:ひろみ2号
性別 ♂
血統 非サンデーのアウトブリード?
脚質 追込(いつも後方からです♪)
馬券 3連単、3連複中心です。
趣味 競馬とグルメと園芸。2009年からシルクホースクラブの会員になって一口ライフも楽しんでいます。

カテゴリ
愛馬一覧
Powered by 一口馬主DB
カウンター
リンク
月別アーカイブ
最新記事
みんなの注目馬
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。